#Recommend K-POP♥

独断と偏見によるヨジャグル専門K-POP紹介ブログ

ブーム継続中!レトロな感性が光るK-POPソング特集


数年前から韓国でじわじわと人気を集めていたレトロテイスト。K-POPでは定期的にレトロが流行ると言われていますが、特に2020年下半期は人気グループがこぞってレトロコンセプトでカムバックし、空前のレトロブームとなりました。

そのレトロブームは2021年も継続中。そこで今回は、昨年から今年にかけてリリースされた“レトロな感性が光るK-POPソング”をご紹介したいと思います。

EVERGLOW「LA DI DA」

80年代のアニソンを彷彿とさせる、疾走感溢れるエレクトロサウンドが印象的な楽曲。サイバーパンク風の世界観との組み合わせもインパクト抜群です。言ってしまえば曲調はダサいのですが、その中にメンバーのカリスマ性が光る一曲になっています。

MAMAMOO「Dingga」

コロナ禍において“友人たちと共に楽しく遊びたい気持ち”を表現した楽曲。キャッチーなメロディーに艶やかな歌声が心地よい一曲です。細かくリズミカルに刻まれるファンキーなベースラインに、振付も愉快で楽しげな雰囲気になっています。

TWICE「I CAN'T STOP ME」

中毒性のあるレトロサウンドが特徴的な一曲。80年代風のちょいダサで叙情的なエレクトロサウンドがクセになります。しなやかでキレのあるダンスに、トレンディな衣装が更にレトロな雰囲気を底上げしています。 

GFRIEND「MAGO」

哀愁のあるディスコ調のサウンドが特徴的な楽曲。骨盤を動かすダンス、指を差す動作など振付にもレトロな雰囲気が漂っています。ディスコを舞台にしたゴージャスで華美なMVは、画面比率も4:3にするなど徹底してレトロな雰囲気を演出しています。

STAYC「SO BAD」

リフレインするシンセサウンドが印象に残るドラムンベースの楽曲。流行りのレトロポップをより都会的に洗練させた雰囲気の、ほんのりレトロを感じるスタイリッシュな楽曲になっています。衣装も見方によってレトロとも近未来的ともとれる雰囲気です。

YUBIN「PERFUME」

レトロを通り越したバブリーでトレンディな楽曲。キラキラピコピコした疾走感溢れるアルペジオシンセサイザーがインパクト抜群です。サウンド的には強烈にダサいのですが、ここまで振り切るとそのダサまでカッコよく思えてくる不思議な楽曲です。

Cherry Bullet「Love So Sweet」

レトロテイストを盛り込んだシンセポップジャンルの楽曲。シンプルなビートと存在感のあるベースラインが特徴的です。MVは全体的にラブリーな雰囲気ですが、曲自体は意外とクールなサウンドで構成されたギャップのある一曲となっています。

最後に

以上、わたしの独断による“レトロな感性が光るK-POPソング”をご紹介しました。

これまでレトロテイストの楽曲と言えばシティポップ系が主流だと思っていたんですが、ここ最近のK-POPのレトロブームは圧倒的にディスコ系・エレクトロ系が主流になっているのが特徴的ですね。

一口にレトロと言っても、レトロ自体が音楽のジャンルではないので色々な解釈があって面白いですよね。個人的にはシティポップ系も大好きなので、また今度そちらもご紹介出来ればいいな…と思います。

サウンド面はもちろん様々なコンセプトで楽しませてくれるK-POP、今後はコンセプトにも注目して色々な楽曲をご紹介できればと思います。

 

Dingga

Dingga

  • MAMAMOO
  • K-Pop
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes