#Recommend K-POP♥

独断と偏見によるヨジャグル専門K-POP紹介ブログ

2020年マイベストK-POPソング特集 ~ヨジャグル編~

2020年も気付けば最後の1日となりました。今年はコロナ一色の大変な1年でしたが、K-POP界は最初こそカムバックがずれたりしたものの、オンラインを活用したりして本当に多くのグループがコロナ禍でも活動を頑張っていましたよね。

今回はそんな過酷な状況でも頑張ってくれたアイドルたちに敬意を払い、独断と偏見による2020年マイベストK-POPソングをご紹介したいと思います。ちなみにヨジャグル編としていますが、前回同様ナムドル編はありません。悪しからず。

BVNDIT「Cool」

実はこの曲、初めて聴いた時は正直微妙だな…と思ったんです。これまでのBVNDITのイメージとギャップがあったのもありますし、MV含めK-POP感がかなり薄めの楽曲なので、なんか物足りなさを感じてしまったんですよね。

ただ、K-POPと思わずに聴くと印象がガラッと変わった不思議な曲でした。お洒落なサウンドと美しいハーモニーが心地よい、洗練されたまさにクールな一曲。是非K-POPの枠を取っ払って聴いてみてほしい一曲です。 

Rocket Punch「BOUNCY」

この曲は初めて聴いた時、そのエネルギーに圧倒されました。初めからアクセル全開で駆け抜ける疾走感のあるサウンドがたまりません。曲自体が持っている熱量がハンパないのに加えて、それに負けない存在感のある歌声も素晴らしいです。

また、最近はガルクラの中でもゴリゴリにかっこいい路線に走るグループが多い中、かっこいいけどちゃんとポップで可愛い、そこのバランスが絶妙だと思いました。このバランスは、今後もロケパンならではの強みになると思います。

DREAMCATCHER「Scream」

DREAMCATHERはこれまであんまりハマる曲が無かったんですが、この曲はこれまでの曲と少し毛色が違って、個人的にはすごくハマりました。特にサビのギターリフとドラムパターンがお気に入りです。

ヘヴィで邪悪なサウンドがメタルっぽくもあり、ビート感強めのサウンドがK-POPらしさもあって、メタルとK-POPの良いとこ取りをしたみたいな楽曲です。これまでメタル感が強すぎて敬遠していた人にも、アプローチしやすい曲じゃないかなと思いました。

Apink「Dumhdurum」

Apinkもこれまであんまりちゃんと聴いたことがなかったんですが、この曲は自然と何回も繰り返し聴いていました。特にインパクトのある曲ではないんですが、この曲を聴いていると、インパクトがあればいいってわけじゃないよな…としみじみ思います。

何度も繰り返すシンプルなシンセサウンドに、流れる様なメロディーが心地よい中毒性のある一曲です。力強くも落ち着いた歌声からは、ベテラングループならではの余裕も感じられます。

BVNDIT「Children」

またまたBVNDITで、またまたタイトル曲ではないのですが、この曲は「Cool」の時と違って最初に聴いた時から好きになりました。音数少なめの寂しげなサウンドが印象的な楽曲です。

MVの意味が気になって歌詞も調べてみたんですが、みなさんも是非調べてみてください。K-POPの曲であんまり歌詞を気にすることはないんですが、歌詞とサウンドとMVが見事にリンクして、わたしは泣いてしまいました。

GFRIEND「Apple」

すっかり大人の女性になったGFRIEND。どこか憂いを含んだサウンドが印象的な楽曲です。「清涼魔女」のコンセプトの通り、サウンドからも幻想的でありながらも妖艶な雰囲気が感じられます。

わたしは基本的にベースラインがカッコいい曲、リズムがカッコいい曲が好きなんですが、「Apple」はその両方を兼ね備えた楽曲でした。重厚感がありながらも独特のグルーヴが感じられます。

Brave Girls「We Ride」

シティポップ風のレトロな楽曲。派手さはないものの、やわらかな電子サウンドにゆったりとしたグルーヴが聴いていてとても心地のいい一曲で、繰り返し聴きたくなる中毒性があります。

初めて聴いた時から懐かしさを感じる耳障りの良いサウンドで、きっと何年後に聴いても色褪せない楽曲だと思います。この曲もベースラインがとてもカッコいいので、是非そちらも注目して聴いてみてください。軽やかなギター・ドラムとの相性も抜群です。

STAYC「SO BAD」

聴けば聴くほどクセになる中毒性のある楽曲。ここ10年間のブラック・アイド・ピルスンのノウハウが詰まった楽曲だと言いますが、それも頷ける気がします。まさにK-POPのお手本と言える楽曲です。

特に各メンバーの歌声の個性が際立っているのが印象的で、曲調の変化だけでなく、歌い手が変わるごとに曲の表情が変化するのが凄いなあと思いました。すごく多彩な魅力が詰まった楽曲だと思います。

LOONA「Star」

タイトル曲ではなく収録曲なのですが、わたしはスタイリッシュでシックなLOONAが好きなので、この曲は好みにぴったりハマりました。特にインパクトのある楽曲ではないんですが、それがまたお洒落な雰囲気を醸し出しています。

「So What」でゴリゴリのガルクラ路線に行ったときは、もちろんカッコいいと思ったものの少し寂しい気持ちもあったので、またこのテイストの楽曲を聴くことが出来てとても嬉しいです。

IZ*ONE「Panorama」

この曲の第一印象は、“なんか忙しくて聴いてて疲れる曲”でした。正直わたしの好みぴったりのテイストではありません。ただ、奈子ちゃんが歌っているBメロのパートが好きすぎて…。気付いたら繰り返し何度も聴いている自分がいました。

全体的にキーも高いしテンポも速めだし、音飾も騒がしい感じは否めないのですが、ウォニョンちゃんもそのパートを歌いたかったと言っていたくらいBメロが魅力的なので、是非そこに注目してみてほしいです。

最後に

以上、独断と偏見による2020年マイベストK-POPソングをご紹介しました。正直、めちゃめちゃ迷いました。今回ご紹介した曲以外も素敵な曲が沢山あったんですが、純粋に何回も繰り返し聴いたものを厳選してみました。

最近は新しくデビューしたグループをチェックする他に、関連動画に出てきた今までちゃんと聴いてなかったグループにもハマったりして、どんどんどんどん推しグループが増えてきていて、新曲をチェックするのが忙しいです…。

なにが言いたいかって、その連鎖で最近わたしの中のK-POPの裾野もどんどんどんどん広がっています。そんな訳で、2021年もさらに裾野を広げて、色々なK-POPをご紹介していきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。

それでは皆さま、良いお年をお迎えください!

Children

Children

  • BVNDIT
  • K-Pop
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes