#Recommend K-POP♥

独断と偏見によるヨジャグル専門K-POP紹介ブログ

2021年上半期マイベストK-POPソング特集 ~ヨジャグル編~

2021年も気付けば半分が過ぎ去りました。昨年に引き続きコロナの影響で有観客のライブ等はなかなか難しい環境ではありましたが、多くのグループがオンラインをフル活用してカムバック活動を行い、様々なコンテンツを提供して楽しませてくれましたよね。

今回はそんな2021年上半期を振り返り、独断と偏見による2021年上半期マイベストK-OPソングをご紹介したいと思います。ちなみにヨジャグル編としていますが、前回同様ナムドル編はありません。悪しからず。

IU「Celebrity」

実はIUの曲をしっかり聴いたのはこの曲が初めてでした。もちろんIUの存在は知っていたんですが、“実力派歌手”のイメージが先行してバラードの印象が強くて。歌詞よりもサウンド重視の自分としては、なんだか気軽に聴けなかったんですよね。

でも、この曲は“IUが初めて試みる軽快なポップサウンドの楽曲”とのことで。気になって聴いてみたんですが、小気味よい癒し系のエレクトロサウンドとIUの優しい歌声が絶妙にマッチした、とても心地の良い楽曲でした。疲れた心にそっと寄り添ってくれる、そんな心に染みる楽曲です。

Weeekly「After School」

Weeeklyはこれまであんまりハマる曲がなかったのですが、この曲はめちゃめちゃハマりました。Weeeklyの楽曲と言えばバンドサウンドの印象が強かったんですが、この曲はテイストがガラッと変わってユニークな電子サウンドになっています。レゲエとトラップの要素を上手く取り入れており、聴いていて飽きない一曲です。

また、ビジュアル面でもこれまでの学校コンセプトを前面に押し出した王道アイドル路線を脱して、一気に垢抜けましたよね。あどけない感じがよかったのに!と思った人もいたかもしれませんが、楽曲の変化もビジュアルの変化も個人的には嬉しいサプライズでした。

IU「LILAC」

Celebrityを聴いてIUの歌声の虜になって、またまたIUの曲なのですが、こちらもまたポップテイストの楽曲。ファンキーなべースラインと繊細なメロディーライン、そして伸びやかな歌声が見事に調和した、中毒性のある楽曲です。

本人が“歌をモッチリと表現した”と言う通り、まろみのある歌声がとても魅力的です。個人的にはサビの“Lilac~♪”の部分が特にお気に入りで、春風が吹き抜けて花びらがブワッと舞い上がる光景が目に浮かびます。まさに春風を想わせる爽やかさを纏った楽曲です。

STAYC「ASAP」

軽やかなシンセサウンドがクセになるSATYCの初カムバック曲。全体的にポップな雰囲気で、STAYCの新たな魅力が引き出されていると思います。シンプルなのに耳に残るサウンドはさすがブラック・アイド・ピルスンですね。そして個々の歌声の個性もSTAYCの特徴ですが、この曲では特にアイサの声が魅力的に感じました。

個人的なお気に入りポイントは、ベースラインが意外と邪悪な音をしているところ。ベース狂にはたまりません。あと、この曲は振り付けもとっても可愛いですよね。特にサビ終わりの“ASAP~♪”の部分のコミカルなポイントダンスは必見です。

OH MY GIRL「Dun Dun Dance」

この曲は初めて聴いた時は正直こんなにハマると思っていなかったんですが、ノリがいいのにどこか切なさも感じるサウンドが印象的で、気付けば何度もリピートして聴いていました。インパクトのある曲ではないものの、不思議な中毒性がある楽曲です。

そしてこの曲もベース狂にはたまんない曲になっていて、存在感のあるベースが作り出すグルーヴ感が最高です。動きのあるベースラインと切なげなメロディーラインの組み合わせが、楽しいのにどこかノスタルジックな独特な雰囲気を作り出し、そしてその後ろで微かに鳴っている儚げなシンセサウンドがまたいい味を出しています。聴けば聴くほど作り込まれた楽曲だなと感じました。

aespa「Next Level」

曲名の通りまさにNext Levelな楽曲。かっこよさの次元がNext Levelです。グルーヴィーなサウンドもカッコいいし、なにより歌唱力がエグいです。メインボーカルのニンニンはもちろん、ウィンターの歌声が本当にパワフルで度肝を抜かれました。後半の“Come on!Show me the way to KOSMO Yeah”の部分は必聴です。そしてその後のカリナとジゼルのラップの掛け合いも最高。

曲展開も意外性があって、ユニークで面白いと思いました。原曲の雰囲気をしっかり残しながらもオリジナリティに溢れていて、リメイク曲として素晴らしい出来だと思います。中毒性もハンパないです。

最後に

以上、独断と偏見による2021年上半期マイベストK-POPソングをご紹介しました。今回も素敵な曲が沢山あって悩んだんですが、振り返ってみて一つ思ったのは、やっぱり“サプライズ”って大事だよなってことです。

これまでのイメージをいい意味で裏切られたとか、グループの新たな一面に気付けたとか、今まであんまり聴いたことのない斬新なサウンドだったとか。なにかサプライズ的な要素がある曲って印象に残るし、より多くの人がそんなサプライズを感じられる曲が良曲なのかなあと思いました。

そんな感じで、今回の選曲のポイントは“サプライズ”でした。2021年上半期はGFRIENDの解散など残念なサプライズもありましたが、下半期はまた素敵なサプライズに出会えることを楽しみにしたいと思います。

皆さまにも素敵なサプライズが訪れますように!

Celebrity

Celebrity

  • IU
  • K-Pop
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes