#Recommend K-POP♥

独断と偏見によるK-POPのすすめ

混沌とした世界観…!Red Velvetの「Zimzalabim」

スポンサーリンク

ユニークで中毒性のあるRed Velvetの「Zimzalabim」。型破りな曲構成と異素材MIX感のあるサウンドで、かなり個性的でアクが強めの楽曲になっています。

冒頭から異国情緒溢れるガムランの音色に、“なるほど…今回はなんだかエキゾチックな感じね…”と思っていたところ、突然のリズミカルなドラムと攻撃的な電子サウンドにあっけに取られ、今度はまた急なキャッチーなエレクトロサウンドへの切り替えに驚き、とにかく初めて聴いた時はその意外性しかない曲展開に理解が全然追い付きませんでした。“これがタイトル曲ってまじか…攻めすぎだろ…”が正直な感想です。困惑。それくらい独創的で、インパクトは抜群です。

正直に言ってしまいますと、個人的にはあんまり好きなテイストの楽曲ではありませんでした。でも、中毒性がハンパないです。だって、あんまり好きなテイストじゃないはずなのに、なぜか何度も何度も繰り返しリピートして聴いている自分がいるんです。好きなテイストじゃなかったはずなのに、もはやこの曲のことを好きになっている…。呪文のごとく“Zimzalabim Zim-zinzalabim Zim-zimzalabim Zim-zim…”が頭の中でループして離れなくなります。聴けば聴くほどハマっている自分が恐ろしい…。初めはちょっと拒否反応出てたのに、何回も聴いている内に“この曲意外とキャッチーでは?”とすら思ってきた。慣れって怖いね…。

ダンスに関しては、斬新ではあるものの意外とおとなしくまとまっている印象です。電子音バキバキのダンスパートっぽいところとか、最後の方のZimzalabim連呼のパートとか“Nanananana~♪”のところとか、もっと派手にも出来た気がします。BLACK PINKだったら間違いなく頭グルングルン回してる。でも、それをしないのもまたRed Velvetらしい気もします。根は優等生な感じ。嫌いじゃないです。動き自体の派手さには欠けますが、サウンド自体が特に後半は煽り系で熱量が凄いので、ライブはかなり盛り上がると思います。熱気ムンムン、灼熱のサマーソングって感じ。

それにしても、Red Velvetは曲の振り幅が大きいですよね。去年の夏は可愛らしく“Ba-nanana,Ba-ba-banana-nana♪”って踊っていたとは思えません。

▼Red Velvet/Power Up

最近のRed Velvetは本当にカムバックの度に新しいジャンルに挑戦していて、そしてどれもちゃんとしたクオリティに仕上げてくるのは流石ですよね。やっぱり根は真面目で、みんな頑張り屋さんなんだと思います。そして最近は、メンバーのビジュアルにもどんどん磨きがかかっている気がします。特に今回は斬新な楽曲に反してメイクがとっても可愛い!

特にこのMusic Bankのアイリンが最強です。血色感のあるチークがポイントですかね。火照った感じがよい。美しい。あと、今回はウェンディがめちゃめちゃコンディション良い気がします。衣装はちょっと変だけど、髪型もメイクも似合ってて可愛いです。

個人的にRed Velvetで一番好きな楽曲は「Bad Boy」なので、またあんな感じのテイストの曲出してくれないかな~なんて思っているんですが、この感じだと次のカムバックもどんな感じか全然分かりませんね。これからもグローバルな活躍を期待しています!

Zimzalabim

Zimzalabim

  • Red Velvet
  • K-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes