#Recommend K-POP♥

独断と偏見によるK-POPのすすめ

『I LOVE YOU(알러뷰)』#EXID #이엑스아이디

スポンサーリンク

くどいくらいの繰り返しがクセになる『I LOVE YOU』 

I Love You

I Love You

  • EXID
  • K-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 今回ご紹介するのは、EXIDの「I LOVE YOU(알러뷰)」です。2018年11月発売のシングル『I LOVE YOU』に収録されています。

シンプルな曲構成でありながらも、耳に残る中毒性とインパクトを兼ね備えた今作。冒頭からしつこいくらいに繰り返すボイスサンプルが頭にこびりついて離れません。そんなくどいくらいの繰り返しがクセになる「I LOVE YOU」の注目ポイントはこちら!

EXIDらしい中毒性のあるサウンド

久々の完全体でのカムバックとなった今作。ハッキリとした分かりやすい展開に、サビの"I love you"をはじめ繰り返すフレーズを軸とする、EXIDらしい中毒性のある楽曲となっています。特に曲の冒頭からループするボイスサンプルは、サビよりも目立っているのではないかと思うほどインパクト抜群ですよね。ねっとりとした歌声が執着心を感じさせる歌詞にリンクし、曲のイメージを絶妙に表現しています。

ユニークなボイスサンプルに色気のあるメロディーライン、挑発的なラップ、パンチの効いたサビと様々な要素が混ざり合った楽曲ですが、曲の構成自体はとてもシンプルなのも特徴です。イントロのボイスサンプルから始まり、サビに向けて徐々に盛り上がり、"ここからサビです!"とはっきり分かる明確なサビがあり、そしてサビ終わりの間奏にはまたボイスサンプルに戻ってくるといった感じで、曲構成自体も大きくループしているようなイメージです。2番のAメロBメロに関しては1番とアレンジこそ変わっているものの、ラップと歌の組み合わせという点では同じですし、サビへの入りが明確なのも同じです。アウトロに関してもイントロと同じボイスサンプルのループで終わるような、シンメトリーな構成になっています。

また、インストver.を聴くととても分かりやすいのですが、バッキングトラックの構成もとてもシンプル。サビ/2番のAメロBメロ/それ以外のパートと、3つのパートの組み合わせのみで構成されています。メロディーラインを工夫したりボイスサンプルを効果的に使うことで、シンプルだけれども中毒性のあるサウンドに仕上がっています。

程よく力の抜けたカル群踊

ビートのハッキリしたサウンドに合わせた、綺麗に揃ったシンクロダンスが印象的な今作。特にイントロや間奏のボイスサンプルに合わせた、キレのある腰使いがカッコいいですよね。力強くバキバキに踊っているわけではないのに、各々がしっかりとカウントに合わせてキメるところをしっかりとキメることで、動きが綺麗にシンクロしているのがさすがです。程よい抜け感を残しながらも、完璧とも言えるカル群舞をこなしています。

セクシーな振り付けの印象が強いEXIDですが、今作ではあからさまに官能的な振りはあまりなく、カッコよさの中に色っぽさが感じられるようなイメージ。特にメインダンサー&リードダンサーであるハニ&ジョンファは身体の使い方が上手く、メリハリのある動きの中にしなやかな女性らしさも感じられ、カッコよさと色っぽさの両方を体現しています。これまでセクシーな振り付けばかりがフォーカスされがちなEXIDでしたが、今作は"露骨にセクシー路線に走らなくてもこれだけ魅せられる実力がある"という証明になったかも知れません。

おまけ

甲状腺機能亢進症の治療のため長らく活動を休止していたソルジが復帰し、約2年振りに完全体でのカムバックを果たしたEXID。

5人でステージに立つ姿は、ファンにとってはもちろんのこと、メンバーにとっても待ちに待った瞬間だったのではないでしょうか。病気の治療のためとは言え、グループのリーダーでありメインボーカルでもあるメンバーが活動休止となってしまうのは、グループにとって大打撃であったことは間違いありません。5人という少人数グループであったことも、さらに空いた穴の大きさを浮き彫りにしました。復帰の目処も立たない中、残りのメンバーだけでグループの地位を守り続けるということは、本当に大変であったと思います。またソルジも、移り変わりの激しいK-POP業界において長期の活動休止を余儀なくされ、病気の治療に加えて精神的な不安もあったことでしょう。体調不良から復帰できずに脱退となることも少なくありません。残されたメンバーもソルジも、本当によく頑張りました。

今年デビュー7年目を迎えたEXID。K-POP界では"7年目の呪い"なんていう言葉もありますが、そんなの関係なく今後もこの5人で活躍していって欲しいですよね。完全体となって戻ってきた彼女たちの今後に、注目です!