#Recommend K-POP♥

独断と偏見によるK-POPのすすめ

『Puzzle Moon』#公園少女 #GWSN #공원소녀

スポンサーリンク

ゆらぎのあるサウンドが心地よい『Puzzle Moon』 

Puzzle Moon

Puzzle Moon

  • GWSN
  • K-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 今回ご紹介するのは、公園少女の「Puzzle Moon」です。2018年9月発売のミニアルバム「THE PARK IN THE NIGHT part one」に収録されています。

シンプルなビートに柔らかに響くサウンド、洗練されたメロディがとってもお洒落ですよね。多彩なエフェクトを用いたバリエーション豊かなサウンドメイクが、心地よい陶酔感を煽ります。そんなゆらぎのあるサウンドが心地よい「Puzzle Moon」の注目ポイントはこちら!

トレンド感のあるお洒落なサウンド

多彩な効果音を用いたエレクトロなサウンドでありながら、派手さや奇抜さは感じないシンプルな曲調が特徴的な今作。ディープハウスを基調に、ループしながら緩やかに展開していく曲構成がお洒落な雰囲気を醸し出しています。強烈なインパクトのある曲ではありませんが、繰り返し繰り返し何回でも聴いていられるような心地よさがありますよね。そっと心に寄り添うようなヒーリング要素も感じられるサウンドですが、BPM自体ははそんなに遅くなく、テンポよくサクサクと展開していくためサラッと聴けてしまいます。

曲の後半に入っているラップパートも違和感なく曲に馴染んでいながらも、繰り返しが続く曲のスパイスとしていい仕事をしています。この部分だけエフェクトも少し重低音寄りになっていて、カッコいいですよね。このラップパートがあることで曲に変化とメリハリが加わり、聴き手を飽きさせない仕上がりになっています。また、このラップパートは曲にK-POPらしさもプラスしており、スタイリッシュでありながらもK-POPらしさもしっかりと押さえた、トレンド感とポピュラリティーのバランスが絶妙な楽曲になっています。

コンセプトに沿った特徴的なダンス

今作のダンスでは、曲のイメージと同様に派手さや奇抜さはないものの、特徴的なフォーメーションと反復する動作を組み合わせた、シーン毎に印象に残るような振り付けが多いですよね。冒頭の星型のフォーメーションを始め、アルバム&曲のコンセプトに沿った、月や星など夜空を連想させるような振り付けが多いのも特徴です。

様々な動きの中でも、手の動きのバリエーションが豊富で、キビキビとした動作や何かを表現するような動きが印象に残りますよね。サビ前の腕を回転扉に見立てた振り付けも斬新です。曲中で何回も繰り返し出てくる動きに関しては、ポイントダンスとして名前付きで公式でも紹介されています。  

Milkey Way Dance

まず一つ目は、夜空に浮かぶ天の川をイメージした"Milkey Way Dance"。跳ねるように床を蹴りながら、両手を波打つように大きくウェーブさせる動きです。しなやかな手の動きで川の流れを表現し、ぴょんぴょんと跳ねるような動きがキラキラ光る星を思わせ、その動きが綺麗に揃うことで帯状に輝く天の川のイメージが上手に表現されていますよね。簡単そうに見えて、手の角度やタイミングなど、慣れないとなかなか難しい動きになっています。

 Pinkie Moon Dance

二つ目に紹介されているのは、月の形を表現した"Pinkie Moon Dance"。 両手の小指と人差し指を組み合わせ、小さな月を型取るような振り付けです。指で型取った月を胸の前でグルッと回す動きが、まるで地球の周りを公転する月の動きを思わせ、それに続く空を仰ぐような動きはその月を見上げているようにも見えますよね。シンプルで簡単な動きですが、ストーリー性のある振り付けになっています。

Puzzle Moon Dance

最後に紹介されているのは、その名も"Puzzle Moon Dance"。パズルのピースを組み合わせるように、メンバー7人全員で大きな月を型取るような振り付けです。バラバラになったパズルを組み合わせ、夢と希望を叶えていくという曲のコンセプトにもピッタリとハマった動きになっていますよね。歌詞もちょうど"Make It Moon"という部分で、7人全員が揃わないと完成しない振りということもあり、曲の中でも特に想いが込められたダンスになっています。

おまけ

今年の9月にデビューしたばかりの公園少女。韓国人と台湾人、そして日本人からなる多国籍のグループです。デビュー前から、日本でも「日本人メンバーがいる!しかもめちゃめちゃイケメン!」ということで話題になっていましたよね。

今月早くもデビュー後初となる日本プロモーションイベントを行い、その後ローソンエンタテインメントとの事業提携も発表されるなど、異例のスピードでの本格的な日本進出に注目が集まっています。先日のイベントでは、日本人メンバーのミヤはもちろんのこと、他のメンバーも流暢な日本語で挨拶をするなど、メンバーたちも日本進出のために頑張っている様子が伺えます。今や日本でも圧倒的な人気を誇るTWICEもそうでしたが、やはり日本進出においてはグループに日本人がいるということは大きなアドバンテージになりますよね。韓国デビューとほぼ同時期に日本へ進出するという、ある種の賭けに出た公園少女。すでに洗練されたイメージを醸し出す彼女たちですが、今後グループとしてどのように成長していくのか、とっても気になります。今後の彼女たちの日韓での活動に、注目です!